中古トラックの買取・販売を日本全国から承ります。

高価買取のポイント

中古トラックの高価買取のポイント

意外と知られていない査定の重要ポイント!

査定士がトラックを見る際、買取額に大きく影響するポイントは、どこだと思いますか?
多くの方は『ボディに少しキズがある…』『古い年式だから…』
と思われているかと思います。
しかし実際は、トラックにとって一番重要な場所さえしっかり手入れが行き届いていれば、古いトラックやボディに多少のキズがある場合でも高価買取をすることができます。

高価査定の重要ポイントは、フレームに錆びが無いことがです。

トラックは『フレーム』と呼ばれる、矩形の枠の上に、車体が載っているような構造をしています。
そのフレームが錆ていなければ、車体に錆があっても、問題はありません。
特に冬道の高速道路では、融雪剤としてまかれている塩化カルシウムが、トラックのフレームを錆びさせる原因のひとつとなります。その対応策として、冬の高速道路を走った後などは、こまめに洗車をした方が良いと言えるでしょう。

その他、高価買取にする為に!

その他、査定士の見るポイントや査定に出す前のチェックポイントなどをご紹介致します。
わからないことやトラック買取に不安がある方は、お気軽にご相談下さい。
査定は無料ですので、ドンドンお問合せ下さい!!

やはり第一印象が肝心です。

中古トラックの高価買取
ほこりがかぶっている、洗車されていない、光沢の無い状態では「普段から手入れをしていない」、「大切に扱っていない」という印象を与え、「減額対象になりそうな箇所が多いのでは」と思われてしまいがちです。
しかし、反対にキレイに洗車され、ワックスでコーティングされていれば、査定士からも「質が良さそうなトラック」という印象を与えることが出来ます。
きちんと洗車し、丁寧にワックスをかけてから車の査定に臨むことが重要です。

小さなキズやへこみは気にする必要はありません。

中古トラックの高価買取
より良い状態でトラックの査定を受ける為、トラックのキズやへこみは修理に出した方が良いのか、誰でも一度は悩みますよね。
ですが、多くの場合、キズやへこみを修理する金額は、車の買取査定の減額金よりも高くなってしまいます。
その為、キズやへこみを直してからよりも、直す前に査定をしてもらった方が、よりトラックを高く買い取ってもらえることが多いのです。
ちなみに、洗車によるキズや1~2箇所程度の小さなキズやへこみは、査定額に大きな影響はありません。

トラックの車内にも気をつけて。

中古トラックの高価買取
トラックの外側をキレイにしても、内装はどうすればよいのでしょうか。
もちろんキレイにしておいた方が印象は良いのですが、ルームクリーニングで落ちる程度の軽い汚れなら、ほとんど減額対象にはなりません。
しかし、気をつけなければならないのは車の内装の”ニオイ”です。
クリーニングでも落ちない匂いはあなたのトラックに対して、それなりの減額対象となってしまいます。
タバコを吸われる方は普段から気にかけられることをオススメします。

エンジンや足回りも査定ポイント。

中古トラックの高価買取
詳しくないとなかなかわからない箇所ですが、トラックのエンジンや足回りも査定ポイントです。
これらの箇所にダメージがあった場合は、もちろん減額対象になっていますので、トラックのメーカー保証が残っている場合は、修理に出した上で査定を受けた方が良い場合もあります。